夏の紫外線対策グッズ!日傘や帽子の賢い選び方

紫外線対策 日傘

27日に小学5年生の娘の運動会があり

行ってきました。

天気も良くって、運動会日和りなのはいいですが、

翌日スタッフから

「まっちゃん、おでこ 焼けたよね・・・」   

ん?おでこだけ・・・って感じですが。

夏に向けての、絶対失敗しない「紫外線対策グッズ」をご紹介しますね。

日焼け対策を一切しなかったのが原因で、

しっかりと、顔が焼けてしまい、出入りしている会計士さんからも

「明らかに顔が真っ黒だ」と言われてしまいました。

「紫外線」って聞くと、『ビクッ!』ってなっちゃいますよね。

紫外線対策は、当たり前のように言われていますが、

ここで「紫外線対策」のおさらいです

日傘の賢い選び方

日傘は、白色黒色をよく見かけますが、

黒色の日傘が、紫外線対策になります。

白色の日傘は、地面の照り返しが日傘に反射することで、

逆に自分に紫外線が当たり、せっかくの紫外線対策にならないのです。

>>>こんな黒の日傘も、オシャレでいいかもしれませんね。

 

帽子は綿の素材がおすすめ

帽子はツバがついたものが紫外線対策になります。

涼しいからと言って、

小さい穴が空いた、メッシュ状のものを選びがちですが、

紫外線対策にはなりません。

綿100%の素材がオススメですね。

>>>オシャレな紫外線対策の帽子がたくさんありました。

 

ヤバイ!間違ったサングラス選びで、瞳孔が開いちゃうかも

紫外線対策に、サングラスをかけるといいのですが、

間違ったサングラスを選ぶことで大変なことになります。

サングラスをかけることで、目は暗いと判断し

目の瞳孔が開いてしまいます。

そのため、直接、紫外線が目の水晶体に入ってしまい、

タンパク質が変化して白く濁ってしまう危険性が!

紫外線カットのサングラスをオススメします。

紫外線防止対策のサングラスは、

やっぱりコレですよね。

 

 

紫外線と疲労の関係

あまり紫外線に当たる時間が長いと

疲れやすくなります。

実際に、運動会を見ているだけでも

早々に家に帰った僕は、かなり疲れていました。

紫外線のメリットは、体の活力を高めてくれますが、

細胞レベル、遺伝子レベルで傷が入るため

活動を続けずに、一旦、体を休憩してから

傷を治そうとするので、疲労を感じてしまうそうです。

細胞レベル、遺伝子レベルの修復には、核酸や野草酵素がいいですね。

>>>DNAの修復の「核酸」「野草酵素」、女性の「美を意識した6つの成分」も配合

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください